FXトレード用 環境を整えました ルームツアー

今年は兼業トレーダーとしてかなり力を入れており、一段落ついたので、トレード環境を再度整えました。

取引は、パソコンのモニター3面表示で、注文はFire7(タブレット)で実施していました。
今回、環境を整えなおしたので、パソコンの画面をiPadに表示させるようにしました。

左側の画面です。
主に、OANDAの強弱チャートや羊飼いのFXブログ、TweekDeckなど、取引に必要な情報を表示させています。

中央の画面は
主に、TradingViewを表示させています。金曜のスキャるでの取引の時の線が少し残ってぐちゃぐちゃになっていますが、月曜には線を一度全部消すか、生きていない線は延長を消して短くして残します。
現在は、インジケーターをほとんど使わない取引に集約してきたので、MT4はほとんど使わなくなりました。

右側の画面です。
主に、Youtubeなど取引中に見る動画などを表示させています。

手前側になります。
Fire7にヒロセ通商のLionFXを表示させ、
今回から新しくiPadをパソコンのサブモニターで表示させています。ここは、TweekDeck用に使用をしてみたいと思っています。

今年、兼業トレーダーとして力をいれたのも、本職が輸入商品のネットショップ運営のため、2022年開始時の段階で、円安の加速、材料高の加速、コロナの終焉が見えないため輸送料の高止まりなど、不安要素が増えたためです。

今回、さらに机回りをFX仕様に切り替えたのは、下記で、不安要素が高まったので、副業を本気ですることにし、万が一に備えるようにするためです。

Yahoo!ショッピングとPayPayモール、10月にそれぞれの強みをかけ合わせた新生「Yahoo!ショッピング」へ統合・リニューアル – ニュース – ヤフー株式会社

Yahoo!の公式プレリリースの通り、2022年10月より、Yahoo!ショッピングとPayPayモールが統合された、新生「Yahoo!ショッピング」へ統合・リニューアルされます。
この件と、それに向けての改変で、「優良ストア」や「優良配送」から外れると大幅に売り上げが下がりそうになっています。
現状は、「優良ストア」の維持は可能、「優良配送」は必要数は取れそうなために、生き残れそうですが、まだ公開されていない情報などもあるため、油断ができません。
Yahooは毎年どこかで改変があり、対応しないといけないので大変です。
2021年後半~2022年前半はヤフオクが旧システム(出品ナビ、落札ナビ)から新システム(競りナビ、Yahoo!ショッピング受注システム)に移動の対応をし、バグ対応で何度も出品したものを取消し、新規出品を繰り返しの日々が終わったと思ったらこの対応が始まるため、大変面倒です。

ちなみに2022年はヤフーAPI(条件がかなり厳しいので大手法人しか利用できません)やAmazonAPI(廃止)があり、受注系も結構大変な年になっています。

広告